学部長(総務会)平日ほぼほぼ毎日日誌

万全な感染防止対策をとった上で...教育実習@光学園が始まりました!

 5月19日、光学園(小・中学校)での教育実習が始まりました。学生たち、3年生にとっては学校現場での初めてのリアル指導体験。そりゃあ、緊張もするでしょう。不安もあるでしょう。でも、スーツ姿の学生たち一人一人の表情には、やる気と期待と理想を追い求める意志が溢れているように感じます。   さぁ頑張れ!次代の先生たち!

 「コロナ禍」での教育実習です。なにより、子どもたちは勿論、学生たちや先生方の感染防止と安全安心、我が子を送り出す保護者の方々の学校への信頼が一番。そこで、本年度は宿泊所を使わず、学生たちは大学からバス(この通称「ヤマミーバス」の可愛いこと、可愛いこと)で通ってきます。そして、GWからまだ10日しか経っていないことから、全員がPCR検査(陰性の確認)を受けてきました。「健康観察・体温記録」や「行動記録」も継続しながら、教育実習に臨んでいます。自分を守り、他人を守ること、そして、ウィズコロナ、ニューノーマルにおける教育実習を創りあげようとしているのです。     さぁ創れ!次代の先生たち!

 初日(19日)の今日は、担当の先生からの「教育実習に臨む心構え」の指導と連絡に引き続き、早速、森本忠寿校長先生による講義がスタート。光学園の学校経営ビジョンや「チームとしての学校」の実際、教員の服務と教員としての在り方等を教えていただきました。「法令に則って子どもの人格形成に全力で取り組む」、「目の前にいる人は、必ず誰かの大切な人」という校長先生の言葉に胸が熱くなります。その後、心躍らせながら、子どもたちの待つ教室に向かっていきました。     さぁ育て!次代の先生たち!

総務会ブログ20210522(附属光中)①.jpg

担当(霜川)

Page Top