保健体育

保健体育
教授 丹 信介 Fig-r2c3 スポーツ科学、応用健康科学、身体教育学、運動生理学
教授 曽根 涼子 Fig-r3c3 運動生理学
教授 塩田 正俊 Fig-r4c3 運動生化学、体力科学
教授 杉浦 崇夫 Fig-r5c3 運動生化学
准教授 上地 広昭 Fig-r6c3 健康心理学
准教授 青木 健 Fig-r7c3 {編集中}
Fig-r9c1 教授
丹 信介
TAN Nobusuke
健康体力づくりのための運動を科学する
tan[アットマーク]yamaguchi-u.ac.jp
【私の研究】 発育期に運動やスポーツをすることは、学習や記憶に関係する脳部位である海馬の発育や発達に好ましい影響を及ぼすのでしようか。また影響を及ぼすとすると、発育期のどの時期に、どんな運動を、どの程度行えばよいのでしょうか。このような疑問に答えることができるような研究を、現在進めています。
【私の授業】 生活習慣病や介護予防といった健康づくりのためには、日常生活の中でどの程度からだを動かせばよいでしょうか。発育期を含め生涯にわたり体力を高めたり維持するためには、どんな運動を、どの程度行えばよいでしょうか。これらの点を科学的根拠に基づいて考えることができるようになることをねらいとした授業を行っています。
【専門分野】 スポーツ科学、応用健康科学、身体教育学、運動生理学
Fig-r18c1 教授
曽根 涼子
SONE Ryoko
運動と健康づくりについて科学的に学びましょう!
sone[アットマーク]yamaguchi-u.ac.jp
【私の研究】  運動後に血圧が一時的に低くなる現象、運動後低血圧現象について、どのような因子に影響されるのか(環境温度、姿勢など)や日常の生活に影響があるのか、たとえば集中力や学習能力に及ぼす影響などを調べています。
【私の授業】 きつい運動をすると、胸がどきどきし、息が苦しくなりますが、運動やスポーツを習慣的に行うことで、同じ運動が前よりも楽にできるようになります。そのようなことは、なぜ、どのような機序で起こるのでしょうか?それらの疑問・質問に答えられるように、運動による生理学的応答や適応について学びます。
【専門分野】 運動生理学
協力教員:小学校総合選修所属
Fig-r28c1 教授
塩田 正俊
 SHIOTA Masatoshi
運動時のからだの変化について調べてみませんか。
 toshi[アットマーク]yamaguchi-u.ac.jp
【私の研究】 上の写真は、私のゼミ生の卒業研究の実験風景です。剣道着を着た学生が自転車エルゴメータという運動負荷する自転車を漕いでいるところです。この実験室の温度は30℃で、他の学生は体温を観察しています。暑い最中にこのような剣道着をつけて運動をしたら何が起こるでしょうか?学校体育で武道が必修化されましたが、剣道や柔道は熱中症を発症しやすい種目です。「暑い時期の剣道で熱中症を防ぐにはどうしたらいいのか?」これが卒業研究のテーマです。
【私の授業】 なぜ、運動(身体活動)は必要でしょうか。今、健康面から多くの人が運動を行いたいと考えています。その運動(身体活動)を効果的に、かつ安全に行うにはどうしたらいいでしょうか。先ず運動時のからだの変化について運動生理学・生化学的な観点から明らかにしていきます。これらの授業を基礎に、毎日の生活で行われている運動の疑問を解き明かしていきます。
【専門分野】 運動生化学、体力科学
協力教員:小学校総合選修所属
Fig-r38c1 教授
杉浦 崇夫
SUGIURA Takao
takahito[アットマーク]yamaguchi-u.ac.jp
【私の研究】 骨格筋はタンパク質の合成と分解を繰り返しており、色々な状況に応じてこれらが変化しています。骨格筋は運動に重要な役割を演じているばかりでなく、健康維持にも関係していることが最近言われるようになってきました。特に高齢者では、筋タンパク質の分解をいかに抑えるかが生活の質を維持するうえで必要です。そのような機序を細胞内の情報伝達や組織学を基に研究を進めています。
【私の授業】 講義では、運動時に起こる代謝的変化や骨格筋の収縮・代謝特性に及ぼす運動、発育・加齢、ホルモンの影響などについて、身近な例を参考に授業を進めています。また実習では、血液や骨格筋の試料を用いて生化学分析の基本的手技について学びます。
【専門分野】 運動生化学
Fig-r47c1 准教授
上地 広昭
UECHI Hiroaki
ココロとカラダを科学します
uechi[アットマーク]yamaguchi-u.ac.jp
【私の研究】 心理学の知見に基づきながら,いかにして人々に健康行動(運動,食事,禁煙など)に取り組んでもらうかを研究しています。また,最近では,パソコンやスマートフォンを使った通信型の健康教育にも関心を持っています。
【私の授業】 講義科目では、体育心理学,メンタルヘルス概論,運動健康科学を,実技科目では空手道を担当しています。ココロとカラダを有機的に関連させた授業を心掛けています。
【専門分野】 健康心理学
Fig-r56c1 准教授
青木 健
【私の研究】 {編集中}
【私の授業】 {編集中}
【専門分野】 {編集中}
〒753-8513 山口市吉田1677-1 TEL/FAX:083-933-5300/5304(教育学部・代表)
Email: www-ed@yamaguchi-u.ac.jp
Page Top